読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ティンの四方山ブログ

焼酎や日本酒、その他何でも書いていきます。

ふるさと納税事始め〜やってない人は情弱かも?

ふるさと納税

みなさん、ふるさと納税やっていますか?

自己負担額2,000円でそれ以上の返礼品が貰えると噂の激アツな制度です。やってない人は情弱と煽られても反論できないほどお得な制度ですw

私も遅ればせながら2016年年末にふるさと戦線に参画し、ぼちぼち返礼品が届くようになりました。別のブログ記事で実際に寄付した自治体の返礼品のレビューを書いていますので、選ぶ際の参考にして頂けたら幸いです。

ポータルサイトはどこが良いか

まず始めにふるさと納税を始める際に悩むのが、どうやって返礼品を選んだら良いのかということです。

ポータルサイトを使うのが良いです。私のおすすめは断然ふるさとチョイスです。

www.furusato-tax.jp

返礼品の充実度が群を抜いて高く、ここさえ抑えておけば他は必要ないです。自主規制によりiPadやPCなど電子機器の返礼品が掲載されなくなりましたが、ふるさと納税の返礼品に電子機器を選ぶのは邪道だと思っているので、気にしないことにしましょう。

また、ふるさとチョイスはヤフー公金支払いと連携してクレジットカードで決済できるのもポイントです。

返礼品を選ぶ ⇒ 寄付を申し込む ⇒ 寄付金を支払う

という一連の流れがシームレスに完結するのは手間がかからず非常に便利です。是非クレジットカード決済を試してみてその便利さを実感してみて下さい。

返礼品は何が良いか

これは雑誌のふるさと納税特集などでよく見かけますが、「米・肉・野菜・果物」という内容に同意します。私の個人的なオススメは無洗米・豚肉・フルーツトマトです。

容量の目安としては大体これぐらいでしょうか。

  • 米は10,000円の寄付で10kg〜20kg
  • 豚肉は10,000円の寄付で1kg〜3kgか4kg
  • 野菜や果物は品物によってまちまち

一つ注意したいのが、容量は多ければ多いほど良いとは限らないということです。容量が多いと100g当たりの単価は安くならざるをえないので、味があまり良くなかったり、肉であれば安い部位のものが増えます。

また、量が多すぎると消費するのが大変です。例えば豚肉の切り落とし2kg、どう料理するか思い浮かびますか・・・?

冷凍庫や冷凍庫などの保存場所も返礼品のスペースを空けておく必要があります。先日豚肉が2kg届いたのですが、思っていたよりも冷凍庫が一杯になりました。

ふるさと納税は始めるのが簡単

ふるさと納税を始めていない方は面倒な手続きが必要と考えているかもしれません。

サラリーマンであれば年収や家族構成からふるさと納税にまわせる金額を求め、寄付を申込んだ後はワンストップ特例制度で書類を返送するだけで手続きが完了します。

手間も少なく見返りが大きい制度なので、ぜひこの機会に始めてはいかがでしょうか。

こちらもおすすめ

ふるさと納税 カテゴリーの記事一覧 - ティンの四方山ブログ